予防すべき時期

cats

ノミやダニ、フィラリア症の原因になるミクロフィラリアといった寄生虫を一掃すること、それがレボリューションの働きです。
特にフィラリア症の予防は、何しろ犬の命にかかわるものなのでしっかり行いましょう。特にフィラリア症の予防は、蚊がさかんに飛ぶ真夏の時期を中心に、初夏から晩秋まで毎月行う必要があります。具体的には、5月あたりから10、11月あたりまでということになるでしょう。つまりレボリューションの薬液を詰めたピペットが6~7本は必要であるということです。

フィラリア症の予防のために蚊に気をつけなければいけないのは、まさにこの病気が蚊によって媒介される伝染病だからです。
フィラリア症は、ミクロフィラリアと呼ばれる寄生虫が犬の血管内に入り込み、大きく育って血管を詰まらせることで心臓や肺の機能を著しく阻害してしまうという病気です。ミクロフィラリアを持っている犬から蚊が血を吸い、あなたの家にやってきてあなたの犬の血を吸い、そのときミクロフィラリアが蚊の体内から犬の体内に移動してしまうのです。
育って大きくなったミクロフィラリアは、心臓や肺といった臓器の近くまで移動して、そこに居座る習性があります。
最悪の場合、それらの臓器が機能を停止して死に至ることもあります。
いったんミクロフィラリアが育って心臓や肺に近づいてしまえば、取り出す治療もなかなか難しいのです。
というわけで、蚊が出る時期にレボリューションを使って予防を行います。もし蚊に刺されてミクロフィラリアが入ってきたとしても、まだ小さいうちに死滅させることができるので、病気を発症することを抑えられます。

ちなみに、このフィラリア症ですが、熱帯地方では犬だけでなく人間も発祥する危険がある病気となっています。
しかし日本の気候の中で生息するミクロフィラリアと熱帯地方のミクロフィラリアは種類が違い、日本のミクロフィラリアは人間に備わっている免疫力ですぐさま撃退できます。というわけで、私たち自身は蚊に刺されても特に心配する必要はありません。ただし、犬はミクロフィラリアに対する免疫力を持っていないので、レボリューションを使って予防を行わなければならないのです。